さかなの瞼

diary of chapter6

fashion

2018年の手帳会議 #2回目

手帳会議1回目では改めて仕事における手帳の要件について整理してみた。結果は「マンスリー(カレンダー形式)+ノート(多め)」に↓ 2回目の今回は先要件「マンスリー+ノート」を満たす手帳について独自に…というかググっただけだが調べてみた。尚、同じブ…

2018年の手帳会議 #1回目

特に仕事で使う手帳について改めて考えてみる。現時点で自分が手帳に求める要件は以下の通り。 1. 打合せやイベントの予定が把握できること 2. 時系列で会議のメモやアイデア等が記録できること 3. 年度(年間)で一冊に収まること 4. 見た目(書きたくなる…

2年越しの書き心地

手帳をトラベラーズノートに変えたのが2015年1月。併せてボールペンもLAMYにしたのだけど、見た目のデザインの評価とは真逆で評判の悪い機能性(インク)もあり、当時から日本製のインクを使うといったカスタマイズの情報があふれていた。確かに優れた日本製…

Olivetti のノートカバー

Olivetti(オリベッティ)といえば当時タイプライターを製造していたイタリアを代表するメーカーなのだけど、私がその全盛期を知るわけはなく、その名を知ったのはサヴィニャックが手がけた同社のポスターだ。それ以来私の中でオリベッティには「オシャレ」…

トラベラーズノート、その後の感想とか。

仕事用の手帳として今年から採用したトラベラーズノート。使い始めて間もなく半年になるので良し悪しの感想など残しておこうかと。 良い点としてはやっぱりそのカスタム感、ざっくり感ですね。挟める物をざっくりゴムで留めるというのがなかなか小気味好い。…

トラベラーズノートをさっそくカスタマイズ

トラベラーズノートのデメリットとしてよく出てくるのが、革カバーの後ろ内側にあるゴムの結び目が邪魔で、右のページが書きにくい。というもの。確かにこれは気になるかなぁ…と思い、余ったボタンでカスタムしてみました。今回はスーツか何かのボタンだった…

2015年はトラベラーズノートに決めた。

もうこの時期はロフトやハンズの手帳売り場はえらい賑わっていますね。私もぽつぽつと来年の予定が入ってきたので、来年のを色々と物色してました。モレスキンとかロディアの週間スケジュールが出たよ。とか…んで今回たどり着いたのがミドリ社のトラベラーズ…