読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかなの瞼

diary of chapter6

ペヤングの蓋に想うこと

復活したと思ったら例の蓋はその構造を変えていた。ある意味ペヤングの代名詞とも言えるあの蓋がなくなったのは少し寂しい。

お湯をきるときにあたふたしないように予め湯きりの爪を折っておくとか、湯きりの際の麺がこぼれやしないかという緊張感。そして湯きり後の蓋の裏側にかやくの葉っぱが張り付かないよう、予めかやくを麺の下に敷いておく等、味のみでなくそれら一連の動作含めてのペヤングだったのだ。そういやサンポー焼き豚ラーメンの蓋も昔はパカっと外れるプラスチックだったなぁ…(遠い目)

遠い将来、復刻版!みたいな感じであの蓋が復活することを密かに期待したい。そしたらもう大きくなっているであろう息子に、したり顔でその作法を披露して見せるのだ!

https://instagram.com/p/4k_Sl3R9zU/

#ペヤング の蓋が…